自分の人生を自分でもっとよくしたいあなたへ     

思いっきり後悔してること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小林明美です。

 

 

4年前の父の日のこと。

 

母が亡くなって以来、
私と父はloveloveな夫婦のように仲良しでした。

そして、
毎年、父の日には父が好きな焼酎とマグロの大トロをプレゼント。

4年前、大きな手術のため10日後に入院を控えていた父の日、

 

この時なぜか、
ふと「今年はゴルフウエアあげたいな」

そう思いついたんです。

 

でもその時、
ま、毎年と同じ(焼酎と大トロ)でいいや、

「退院してもすぐにはゴルフもできないだろうから
また行ける時になったらあげよう」って

思いつきを打ち消しちゃいました。

 

 

大トロと焼酎で晩酌しながら
その話をした時、

「ゴルフウエア」と聞いた時、
父が嬉しそうに期待を込めた表情を見せてくれて、

 

あの表情が今でも忘れられない^ ^
「欲しい!」って顔も書いてあった(笑)

 

「はいはい、じゃ手術終わって復活したら買って来るわ」
とその話はそれで終わり…

 

 

でも、買ってあげる機会は2度と来ませんでした。

手術はうまくいかず、結局父はその後亡くなりました。

 

 

 

以来、毎年この日が来ると

あの時、買ってあげたらよかったなって後悔します。

 

現実的には買ってても着る機会はなかった。

 

あの時自分の気持ちに素直になってたら

「あの時プレゼントしてよかった」
という思いが今頃残っていたはず。

 

 

瞬間瞬間、生きてる限り何かを常に選択し続けます。

その選択を自分の本音や大切にしたいことに従ってできることが

どれほど大切なことかを

この経験が私に思い出させてくれています。

 

「自分の本音」とは違う選択をした結果、
こんな後悔が付いて来るということを学んだ経験。

 

この後悔のおかげで、選択の大切さが身にしみました。

そう考えると、この後悔さえがありがたい結果。

 

 

以来毎年、こんなことを考える父の日です。

 

関連記事