自分の人生を自分でもっとよくしたいあなたへ     

自分を知ることで「大切にしたいこと」が見えてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

 

結婚して四半世紀以上が過ぎました。

毎日の料理もそれなりに工夫しながら
苦にならず出来るようになりました。

 

 

結婚当初は、
一人暮らしだった夫のほうが料理も出来てw

 

実家に住んでいた私は
お味噌汁一つ作り方を知りませんでした。

 

 

さあ、新婚さんで初の晩御飯となったとき

はた、と困ったんです。

 

 

何をどうしたらいいのかわからない・・・

 

結局、選んだメニューは「すき焼き」

味付けは夫にしてもらいました(*´ω`*)

 

私はただ材料を切っただけ(^^)v

 

 

 

直前まで残業が当たり前の会社勤務で、

「ハナヨメシュギョウ」なんて暇もないし、
頭によぎることもなく、

 

結婚したら家事をするという自覚が

すっかり抜け落ちていた

家事をやったことがないツマでした(*´ω`)

 

掃除は掃除機がやってくれます。

 

洗濯は洗濯機が上手にやってくれます。

 

 

 

でも、料理だけは作らないと食べられない(-_-)

 

 

買い物に行っても

ほうれん草と小松菜の違いも判らず、
魚の名前と顔も一致せず、

何がなんやら…もう…笑うしかない状態でw

 

 

料理の本が唯一私の師匠。

今では30分くらいで仕上がる献立が
1時間以上かかって。

残業で遅くなった上にそれから1時間…
それだけ若くて体力も気力も充実してたんでしょうか。

 

焦げても、生焼けでも、

失敗しても気にせず
文句言わずに食べてくれる夫の存在にも助けられました。

 

 

 

「下手の横好き」かもしれませんが、

「好きこそものの上手なれ」とも言うじゃないですか。

 

 

四半世紀も続けているうちに

だんだんとちゃちゃっと思ったように
料理ができるようになりました。

 

 

 

ふと、先日気づいたのですが、

こんな私が、苦も無く料理を作り続けれてるのは

間違いなく「食べることが大好き」だから。

 

自分の体調に合わせたもの、
家族の健康を考えたもの、

季節のもの、その土地のものを
美味しい!と感じながら
自分で作って食べること

は私の中でとても大切なことだったんだ。

 

 

そういえば、ローフードや菌、マクロビ、
野草とかに関してのセミナーとかは大好きです。

今でも何より好きなTV番組は「今日の料理」♡

 

 

料理研究家になりたいと思うことはありませんが、
それなりの知識をいつの間にか身に着けていることを
実感します。

 

旬のものを活かしたシンプルな献立、
自分たち夫婦が美味しいと食べれる献立は

楽しんで作れるようになりました。

 

 

あなたが苦にならずに続けていることは何ですか?

夢中になれることって何でしょう?

それを続けている理由は何でしょう?

 

今すぐに仕事に直結しなくていいんです。

 

そこにあなただけの
「人生において大切にしたいこと」のヒントがたくさんあります。

 

そうやって、いろんな面から
自分が何を大切にしたいのかに気づいていくことで、

本音の自分とのつながりが深まっていきます。

本音の自分としっかりつながることで、
ほんとうにやりたいと心から感じることにも
気づいていくことができます。

 

 

関連記事