やりたいことが見つからないとき逆転の発想をしよう。

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

※火曜・金曜はブログ更新の日です。

 

 

成人式も終わり、3学期も始まり
2017年も本格的に動き出しました。

 

 

「さあ今年も頑張ろう!☆彡」という方もいれば

 

 

あかん・・・

やる気が起きない・・・
この先もこの仕事をやりたくない・・・

今年もこれを続けたくない・・・

 

 

だけど、

 

何がやりたいのかわからない!

 

 

変わりたいけど
どこに向かっていいのかわからない。

 


そんなモヤモヤした気持ちの方もいらっしゃるのでは。

 

 

 

やりたい仕事を見つけたくても

なにがやりたいかわからないとき・・・

 

 

 

逆から責める

のもいいかもしれません(^^)v

 

 

 

絶対やりたくない仕事は何でしょう?

 

こんな毎日はイヤ!!

だとしたら「どんな毎日だったら嫌なんでしょう?」

 

 

 

「どうなりたいかを明確にしましょう。」
「目標は何ですか?」

という未来を最初から描きたくなりますが、

 

 

一歩だけ戻って
やりたくないことを探ってみませんか?

 

 

 

 

やりたくないのにやってることが今きっとあります。

 

 

この

「やりたくないこと」を探すことで
その逆の中に「やりたいこと」のヒントがあります。

 

 

 

「何をやりたいんだろう」でなく

「何をやりたくないんだろう」

 

その問いを自分に向けてみてください。

 

 

 

例えば、

私は決められた時間に決められた場所で毎日同じ場所に居続けるの大の苦手(^^ゞ

一時事務系のアルバイトをしていたとき、
毎日同じタイムスケジュールで一日を過ごすのが苦痛で(笑)

当時はそんなことも自覚してませんでしたが
周りの人に比べて明らかに落ち着きがなく…

 

別のビルに書類を届けたり、何かしらの用事を作っては
動き回ってました。

今のようにメールやチャットでほとんどのことが片付く時代だと
昔の私は発狂するかもしれません(笑)

 

 

 

アパレルメーカーで働いていたときは
月になんども出張を組んではあちこち飛び回ってました(^^)

一日中デスクに座っていることは皆無の仕事。
その分、終業時間もまちまちでしたし、休日出勤も多かったです。

その「毎日同じじゃない生活」は私には刺激的で楽しくワクワクしました。

 

もちろん、

できるだけ社屋の中で一日を終わらせたい
出張なんて苦手という同僚もたくさんいました。

 

 

毎日同じルーティンの中にやりがいを感じる方、

毎日違うタイムスケジュールで動き回るのが好きな方、

どっちがいい悪いではありません、よね?

 

 


それくらいのこと我慢しろよと思われたかもしれません。

そうなんです。
とても些細なことでしょう。

 


当時の私が気付かなかったように
あなたも今気にもしていないことかもしれません。

 

でも、こんな自分にとって好きでないことの積み重ねが

「なんか違う」「イヤ」の原因かも。

 

 

今何をやりたいのかわからないけど

本当にやりたいことを見つけて
天職に就きたいとお思いでしたら

 

ぜひ、

やりたくないことは何だろう?

何が嫌なんだろう?

それを探すことをやってみてください。

 

必ず「天職」へのヒントが見つかります(^^)v

 

 

 

今日もお元気で。

いつもお読みいただきありがとうございます。