相手の本音を聞いて心の距離を縮めたいとき試してほしいことがあります。

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

※火曜・金曜はブログ更新の日です。

 

 

 

「スタッフの本音が聞きたいんですがどうやったら聴けますか?」

ある女性リーダーのからご相談を受けました。

 

 

これこそ「天職」だと思いながらも、
悩みや困難なことが続くと
自信を無くしたりやる気を無くしてしまうこともありますね。

 

 

スタッフの悩みや要望を聴きたいけど
ちゃんと本音を聞き出せるか心配だとか。

改まると身構えられてるように感じて
ちゃんと聞けてるか不安になるそうでした。

 

 

私もそんな悩みを抱えていました。

(むしろそんな悩みばかりだったかもしれません。)

 


全員下を向いてだれも意見を言ってくれない、
時間だけが過ぎていく・・・

さむーいさむーいミーティングの
進行役をしたこともありました(遠い目)

 

後輩が何考えてるのかさっぱりわからなくて
勝手に嫌われてんじゃないかなって心配して
空回りしてたOL時代・・・

 

 

 

その後「聴き方」やコミュニケーションのコツを
学んだのはいいんですが


今度は力が入り過ぎて・・・

ガッチガチの質問攻めにしちゃって
相手を本気で怒らせてしまったことも(T_T)

 

 

 

あれやこれやと失敗は数知れず!です。

 

 

でもね、そのおおもとの思いは

相手の本音を聞いてより役に立ちたい、

相手との心の距離をもっと縮めたい、なのです。

 

なのに、それがうまくいかずに途方に暮れてました。

 

 

 

何度もそんなことを経験して

肌身で感じてることがあります。

 

コミュニケーションって

テクニックだけじゃない。

まあ、当たり前なんですけど。

 

 

これ、夫婦でも恋人関係でも
誰とでもあるって思うんですけどね。

 

 

もちろん、テクニックというかコツってあります。

大事です。

知ってると知らないじゃ大きく違います。

 

 

 

でも、自分の心の中に何かあると
それが先に相手に伝わる・・・

 

 

ちゃんと聴けるかな

もしかして本音言ってもらえないんじゃないかな

もしかして嫌がられてる?

もしかして・・・

もしかして・・・

 

 

こんな不安や恐れを持っていると、
それが先に相手に伝わっちゃう。

 

 

 

実は目の前の方はあなたの写し鏡。

 

 

大切なのは

こちらから先に心を開くことかもしれません。

 

 

 

そんなことくらいわかってるわよ!!!

ですよね。

 

 

私もどうやっていいかわかんなくて悶々してました。

精神論で「心を開け」と言われてもわかりませんでした。

 

 

 

で、実際にやってみたことのひとつがこんなこと。

 

こっちの本音を

先に言っちゃう(^^)

 

 

「私、あなたの本音をちゃんと聞けるか不安なのよー、
なんか「面談」とか改まると緊張しちゃって(笑)」

 

なーんて感じで

こちらから相手の懐にばーんって
飛び込んじゃう(^^)

 

 

こちらが心の窓を少ししか開いてないとき

相手は開けてくれないけど、

 

 

こっちが先に無防備に開いちゃうと

相手も開けてくれますよ。

 

相手にやってほしいことは
こっちから先にする(^^)v

 

このおかげで、
早くに本音でお話しいただけることが増えたように思います。

 

ものは試しです。

よかったらお試しを(^^)

 

 

今日もお元気で。

いつもお読みいただきありがとうございます。