目の前の現実が簡単に変わる秘訣

2016-06-14

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

 

この週末、友人が我が家に泊まりに来ました。\(^o^)/

 

金曜一泊の予定が、
土日のセミナーに参加することになり二泊になり、

日曜に最終便に乗り遅れ三泊に(笑)

 

思いがけず、お祭りのように楽しい時間でした。

 

 

 

 

もともと別の友人が来る予定だったのですが、

その後、この友人が泊まりに来ることが決まったのです。

 

 

 

最初の友人が来れないと聞いたとき

「えー、がっかりー」でした(T_T)

 

 

そりゃそうだと思われるでしょうね。
来ると思ってた友人が来ないのですから。

 

 

 

でも、昔々の私は友人が泊りに来れないとなると

正直「ほっ」としてたんです。

 

 

 

 

以前の私は、誰かを我が家に泊めるとき

家じゅう大掃除して、(特に水回り)
お花も新しく生け変えて、

しゃれとんしゃあ~なお菓子や何かを用意して・・・🎵

 

 

もちろん、気持ちよく泊まってほしいという気持ちの表れなんですが、

 

 

それ以上に

「素敵な人って思われたい」

「ちゃんとしてる」って思われたい

「掃除も出来てない、ダメな人って思われたくない」

 

 

っていう気持ちが強かったんです(^^ゞ

 

 

 

なので、誰かを我が家に招待するなんて
おそろしくストレスの罹ることでした(笑)

 

 

 

 

ありのままの自分ではダメ、
「ちゃんとしてるね」、「ステキ~」と言われたい・・・

 

「ステキ」と言われたら安心し、
自分を認められた気分になりました。

 

 

 

でも、そんなこと誰も言いません(アタリマエ)

すると、もっと素敵にもっとキチンとって
ありえない「完璧」を目指してへとへとになる

 

 

 

誰かに認められるようにちゃんとしないと。

 

ありのままの自分ではダメ

 

 

気づかないうちに、
そんな思い込みにぶんぶん振り回されていたんです(^^)

 

 

 

ファッション雑誌の中のようなお部屋が
ちゃんとしたお部屋だと思い込んでましたねー

 

そして、埃一つなく完璧に掃除された空間・・・

 

それを作り上げるために
お友達を迎える直前まで神経ピリピリさせながら
お部屋を磨き上げてたっけなあ~(笑)

 

そんな部屋でおもてなしできると認めてもらえて
私は幸せになれると思っていたようで(*´ω`*)

 

 

もーのすごく疲れました(笑)

 

 

 

あなたはそんなことありませんか?

自分以外の誰かに認めてもらわないと
自分のことを認められない。

そう、このままじゃダメ。

ちゃんとしないと。

 

 

 

私自身、こんなこと思って生きてたなんてこと
まーったく自覚ありませんでした(#^.^#)

 

自分のクリアリング(気付いてなかった思い込みに気付いて手放していくこと)
を何度も何度も繰り返していくうちに、

まるで玉ねぎの皮を向いていくように、

「ありのままの私じゃダメ」という

奥の奥にあって気づかなかった思い込みに気づけて手放せました。

 

 

もしも・・・今あなたが、
生きづらくって「私なんかダメ」「このままの私じゃダメ」って感じているとしたら

 

 

それは大きな勘違い!!

 

 

「ありのままの私じゃダメ」
という事実があるんじゃなくて

 

「ありのままの私じゃダメ」
という思い込みがあるだけです。

 

 

あなたが「ダメ」なわけじゃありません。(キッパリ!)

 

 

私達は物事を観たいように見、聴きたいように聞きます。

自分で作った思い込みの世界で生きています。

なので「幻想の世界」に住んでるようなもの。

 

 

捉え方が変わるとね・・・

驚くように目の前の現実が変わりますよ(^^)

 

 

 

最近では「泊りにおいで~」って自分からお誘いします🎵

特別な大掃除とかしませんが

普段通りの我が家でくつろいでいただいています。

 

お花が飾ってあるときもあれば
無いときもあります。

 

今回なんて、素泊まり朝食なし(^^ゞ

 

 

でも、夜中までいっぱいおしゃべりできて
とーっても幸せだった(^^)

 

 

完璧さを認めてもらうとかじゃなく

それよりももっともっと

 

幸せでした(*^▽^*)

 

 

 

思い込みを外して捉え方が変わることで
現実が変わります。

 

 

そして、

あなたが気付いていない
あなたを生きづらくさせる思い込みを見つけて解放し、
本来のあなたの輝きを取り戻すことができます。