自分らしく幸せに生きているとき天職は引き寄せられます。

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

今日は、

 

本当にやりたいことを見つけて
自分らしく幸せになろう、と言ってますが、

 

 

実は・・・

 

 

逆です!ってお話です。

 

 

 

自分らしく幸せに生きることができているとき

その人がやっている仕事も天職と言えます。

 

 

 

 

鶏が先か卵が先か。

 

天職に就くことで自分らしさを発揮できますが

自分らしさを発揮できてると
その仕事を天職と捉えて幸せに仕事ができる、

と言えるんじゃないかしら、ってことです。

 

ちょっとややこしいですね(笑)

 

 

 

じゃあ、どうしたら

自分らしく幸せを感じていられるのか・・・

 

 

 

それは、「自分を大切にできてる」とき
じゃないかと思うんです。

 

 

 

 

 

以前の私は
何でそんなに自分をいじめるの?って感じでした(笑)

 

怒っちゃダメ、常に笑ってなきゃ!
あの人はいつも穏やか、私みたいにイライラしてない

もっと立派にちゃんとしてなきゃ!!
あの人のように!

・・・

 

周りの素晴らしさばかりが気になって
追いつきたい、
あんな風になりたいって思ってたんですね。

わたしなんかダメダメ!

 

そんな出来ない自分をさらけ出すのが怖かったし、
認めることも怖かった。

 

そんな・・・自分を大切にするとは程遠い、
ちょーブラックな気持ちを抱えていた時期もありました。

 

 

でも、自分の本音を正直に客観的に見て、

既に必要なくなってる思い込みを今の自分に合うように
アップデートしていくうちに

 

じゃーん!

その時はやってきました(^^)v

 

ある日、相変わらず「どうせ私なんか(ダメ)」って
思うことがあったんですが、

なんかね・・・
力が抜けちゃって・・・

笑えてきたんです。

 

どうせ私ってこんな程度なんだ!

 

まーもー、それでいいか(笑)

この瞬間に

「今の自分でいいや」って
あきらめがついたんです。

 

ダメでいいって思えた途端、

出来ないこといっぱいの私でいい
あんなふうになれなくてもいい

 

私は私!!

そう、現実を受け入れることができました。

 

 

それまで「みっともなくてはいけない完璧でなくちゃ」
って一歩も前に進めなかったのが

自分のなかの「なんかいいわ♡」ってところを認めて、

「自分を大切に出来る」ようになっていきました。

 

 

すると、やってる仕事も楽しくなってくる。

いちいち周りの目を気にしながら
萎縮しながらやってたことが

自分らしく伸び伸び出来て上手くいく。

 

 

そんな自分らしく幸せを感じることで

今やってることが「天職」と捉えることができました。

 

 

自分を大切にするって・・・

やりたいと思うことをやる
やりたくないことはやらない

だから頑張りたいときは頑張ればいいし、
頑張りたくない時は頑張らない。

 

悲しければ悲しくていいし

怒りたければ怒っていい

自分の感情をジャッジしない。

 

出来ない自分で良いって思えること

出来る自分を過小評価しないこと

・・・ありのままの自分にOKを出すこと

 

私が思う「自分を大切にできてる」と思う瞬間です。

 

 

それができたら苦労しないわよ!
と思われましたか?

 

私もそう思ってました。

自分の本音に正直になるって
最初は少し勇気がいるかもしれないんですけど、

小さな小さなやりたいことを決めてやってみる。
そうやって「自分を大切にする筋肉」を鍛えていく。

 

例えば、周りがみんなコーヒー頼むときでも
あなたが好きならクリームソーダを頼んでみる。

みんながランチに行くときでも
自分が公園に行きたければ行ってみる。


周りに合わせるんじゃなく自分がやりたい!
と思ったことをやる。

 

一歩踏み込んでみると

そこは

パ~ラダ~イス♪です!!

ごいっしょに幸せな毎日を過ごしましょう(*^▽^*)