自分の人生を自分でもっとよくしたいあなたへ     

苦手な人や嫌なことがあっても、自分らしくいるために出来ること。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

※今まで不定期だったブログの更新を
毎週、火・金曜日にします。
今後ともよろしくお願いします(^^)

 

 

 

自分らしく在りたいと思っても
苦手な人の前とか、嫌なことがあったときどうするんですか?
どうやって自分らしさを保つんですか?

 

先日開催した「特別なセミナー」の中でこんな質問をいただきました。
(写真はセミナー中の一コマ♡)

 

 

 

本当の自分を知って、
その自分らしい人生を生きる、

その人生を表現する「天職」に就くって・・・

 

さあ、これから
いつでもどこでも

「私は私!」で生きていくのヾ(≧▽≦)ノ

 

毎日がパラダイス!!

 

チョー幸せ♡♡♡

 

ですよね、きっと(^^)

 

 

 

でも・・・

 

実際はそんなことあり得ません(キッパリ)

(看板に偽りあり?)

 

 

 

以前の私の話をします。

 

理想の自分は「明るくおおらかに人と接する」ことができていること。

 

すると、いつしか

「どんな人とでも、どんな時でも、明るくおおらかに」

しなければならない

するべきである

 

という思いこみを持ちました。

 

 

挙句の果てに

明るくおおらかじゃない目の前の人は
間違った行いをしている人である

そんな決めつけをする私でした。

 

 

すると、明るくおおらかに接することができない

自分のことも、人のことも責めてしまい

その思いから離れることができませんでした。

 

 

自分らしさを追求するあまりに

最も自分の理想とかけ離れた状態に

自分を追い込んでしまってました。

 

 

悪循環(-_-;)

 

 

自分らしくいることができない時ってあります。

 

心がざわついたり、
イライラしたり、

些細な言動や相手のふるまいに反応して
勝手に傷ついてしまったり。

 

出来れば感じたくないようなネガティブな感情に
覆い尽くされる自分・・・

 

 

 

そんなときもあります。

そんな相手もいます。

 

 

いいじゃないですか。

人間なんだから。

 

 

 

雨の日もあれば晴れの日がある。

春が来れば夏も来る。

寒くてたまらない冬もあるように、

 

 

私たち自身も一定ではないですよね。

 

 

そんなとき、

「ああ、ざわついてるのねー」

「イライラしてるね」

「ああ、カチンときたんだー」

 

って、感じてることを認めて

「いいんだよ、それで」って自分自身の感情をHUGします。

 

 

ネガティブに感じる感情を、

「ここにいていいんだよ」って受け止めていく。

 

 

 

そして、また落ち着いて

自分らしい自分に戻っていけばいいんです。

 

 

 

そしてその時、この自分らしい自分って、

「本当の自分」=「自分の軸」を持っていないと

どこに戻っていいかわかりませんよね。

 

 

だから、

本当の自分を知って、どんな自分でありたいのかを明確にして

あなたの帰るところ(自分の軸)を知ることがとても大切なんです。

 

 

以前は、自分や相手を責めては
ふらふらと帰る先を知らず迷走していたことも(^^)

最近は自分らしくいられない自分のことも
よしよしとして、

また自分に戻る・・・振れ幅が小さくなったように思います。

 

 

 

本当の自分を知り、どんな自分もOKにしていくことで

「私は私!!」

これでいいのだ!!

という自分らしい人生を手に入れることができます。

 

 

 

とはいえ、今お読みの方の中には、

目の前に常に苦手な方がいたり、

自分らしさをかき消されてしまう職場にいて、

なんとかしたい。

 

そんな方もいらっしゃるでしょう。

 

そういうとき

自分の軸がしっかりあることで
環境さえ変えてしまえることがあるんです。

 

 

長くなりそうなので、この先は次回のブログでお伝えしますね。

しばしお待ちを(*^^*)

 

 

関連記事