自分の人生を自分でもっとよくしたいあなたへ     

こんな自分らしく幸せに仕事をしている方もいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

先日、以前お世話になっていた職場の
社員食堂に行く機会がありました。

 

 

そこはせーまい、せーまい社食でして、
今時の窓が広くてゆったりしたカフェのような社食とは程遠い、

食堂のおばちゃんたちは普通に元気ですが
全体として活気のない、

サラメシとかの取材は絶対来ないだろうなって雰囲気。

 

正直あまり利用したくない、むさ苦しい
そんな社員食堂でして(*´ω`)

 

久しぶりに行って、

「相変わらずやわあ~」と
懐かしいような、回れ右して帰りたいような(笑)

 

 

でも今回、

光り輝いている場所が

一か所あったんです!!

 

 

洗い場のお姉さんの笑顔が半端ない!!

 

「ありがとうございます~」

「おつかれさまです~」

大きな声で一人一人にお声をかけてくださってて!

 

女神降臨!!

そこだけ別世界に見えました!

 

 

 

この社食、誰もきゃっこら騒ぐ雰囲気もなく

むっちゃ暗い静かなんですが

ここだけ別世界のように明るい声が聞こえてるんです。

 

疲れてる人が多いのか
お姉さんの声掛けに返事しない人も多い中、

「そんなことは関係ないわ♡」

「みなさーん、午後からもがんばってくださいね~♡」

「笑顔でお声掛けしてできるのってシアワセ!!♥」

そんなこころの声が聞こえてくるかのよう。

 

 

温かいなあ~

こちらの気持ちもふわっと明るくなります。

下向いて無口に通り過ぎる方ももちろんいますが

笑顔で「ごちそうさま!」と返す方も。

 

食器返却口だけが
スポットライト当たってるかのように

明るい空気が漂ってます。

 

 

 

こんなこと、

この仕事が嫌で毎日が楽しくない!なんて人には

ぜーったいできないこと。

 

 

 

毎日を自分らしく幸せに生きるってことが

どれだけまわりを明るく照らすことか。

幸せな人は周りも幸せにするの見本のような女性♡

 

この方は「天職」を生きてるなーって嬉しくなりました。

 

 

洗い場の仕事って

華やかでも無ければ楽な仕事でもないでしょう。

 

 

そんな仕事がなぜ「天職」?

あなたはもしかしてそんな疑問を持たれたかも(^^)

 

 

自分らしく幸せでいられるときって
自分を大切にしながら本当にやりたいことができてるとき。

そんなことが満たせる仕事がその人の「天職」。

 

それって、
単なる既存の職業の中からの選択ではなくて
あなたの魂がワクワク喜んでるかが大切な基準。

 

 

この魂が喜んでるというときって

ワクワクだけじゃなく
ジーンとくる、とか
訳もわからないけど泣けてくるとか

心が震えるそんな感覚。

 

 

そんな歓びを感じられることを仕事に出来たら
あなたらしい幸せな毎日になりませんか?

 

 

ただ残念なことに

今の現代人って「自分が何を大切にしたい」とか
「本当にやりたいこと」に気づいていない方が大半とか。

 

 

洗い場の仕事って決して楽じゃないかもしれません。

でも、きっと彼女は
人を笑顔にするとか、元気にすることが
大好きなんじゃないかな?って思うんです。

 

 

もしかして
そんな自覚を彼女は持っていないとしたら・・・

 

自分が声をかけることで周りが明るくなってること、
そのことをとても彼女自身が得意で好きなこと
だとしたら、

その自覚を持てることで
より一層この仕事にやりがいを持てるのかもしれません。

既にやりがいを持って天職と感じてるからこそ
あれほどの笑顔なのかもしれませんね。

 

 

あんな笑顔の人が世界中に増えたらいいなあ。

 

 

あなたの魂は何をしているとき
ワクワクしていますか?

本当にやりたいことで自分らしく幸せに
周りを照らしていきましょう。

 

関連記事