自分のことをちっぽけに感じるとき思い出してほしいこと

2016-06-17

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

 

少し前にショベルカーが大好きなRちゃんのお話をしました。

 

久しぶりにRちゃんに会ったのですが

相変わらず車で走っているとき
周りに走ってるショベルカーを見つけると身もだえして喜んでます。

 

 

「きゃあー、ちょっと、ちょっと!」!!

 

ヾ(≧▽≦)ノ ヾ(≧▽≦)ノ ヾ(≧▽≦)ノ

 

 

「はあっ、はあっ・・・」

過呼吸か!?っていうくらい興奮します(^^)

 

 

興奮しすぎて「ショベルカー」と言えない(笑)

「ちょっと、ちょっと!!」が精いっぱい。

 

 

ほんとかわいいんです。
大好きな私のお友達です。

 

 

 

 

いつものように
いっしょになってショベルカーを探していて・・・

 

 

ショベルカーを運転している方は
こんなに誰かが喜んでるなんて知らないんだよなー

 

ふと、そんなことを思いました。

 

 

 

自分がショベルカーを操作しているところを

誰かがいちいち見ているなんて思ってないと思うのです。

 

 

ましてや、ショベルカーがあるだけで、
しかも動いていたらなおのこと

身もだえしながら喜んでいる子がいるなんて

 

一生知らないままだと思うのです。

 

 

 

 

こうやって、
知らない間に誰かが誰かに幸せを運んでいる・・・

 

 

ショベルカーを見るとRちゃんのご機嫌がよくなり、
一緒にいる私も嬉しくなります。

(だから、ついつい私もショベルカーを探してます)

 

 

 

私たちは誰かの幸せのために生きているわけじゃありません。

私たちは誰もが、自分のために生きています。

 

 

 

そんな私たちですが、
知らないうちにいつの間にか誰かを喜ばせているのかもしれません。

 

 

 

例えば、
あなたが今日食べたかもしれないトマト・・・

 

そのトマトをお店に並べた人、

市場からお店まで運んでくれた人

畑から市場まで運んでくれた人

畑で育ててくれた人

苗になる前・・・

種だったとき・・・

種が詰まった実、トマト・・・

そのトマトを育てていた人・・・

 

 

 

今日あなたが食べたトマトだけでも

たくさんの方が
「誰かの幸せのため」などということを考えることもなく関わっている。

 

 

 

なんだかね、ありがたいなーって思いました。

 

 

 

書いていて、
ちょっとだけきれいごとっぽいなって思います(/ω\)

 

 

きれいごとっぽいけど、

あのRちゃんのショベルカーを見たときの喜びようと

一台も見なかったときのテンションの低さを見ると

 

 

どこのだれか知らないけど
自覚していないところで

私達はきっと誰かを幸せにしてる

 

 

って確信できるんです(^^)

 

 

 

もしも、今あなたが

何の役にも立ててない、

自分のことをちっぽけに感じてしまっているなら、

 

 

 

それは

大きな間違いです(キッパリ!)

 

 

私達はたくさんの方と関わり合いながら生きています。

その中で、気づいていないところで何らかの影響は与え合っている。

 

きっとどこかで誰かがあなたのおかげで
幸せを感じていることでしょう。

 

 

何度も、自分のこと責めてみたり、
私なんかダメダメって思ったこともあったのだけど、

 

ショベルカーの会ったことない運転手さんのことを思うたび、

この世は誰一人欠けても成り立たないんだって

教えられている気がするんです(^^)

 

 

 

間違いなく、あなたも私もきっと誰かの幸せに関わってる・・・

 

それを知ることで
じわじわっと私達も幸せな気分になれそうです(^^)