自分のことを責めてしまうときの気づいていない本当の理由

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

※火曜、金曜はブログ更新の日です。

 

やればいいとわかっているのに出来なくて
その自分を責めてしまいます。

 

そんなお悩みをよく伺います。

 

 

 

前回、どうなりたいのかわからないけど
常に不満を抱えていた頃のことを書きました。

 

 

「私は正しい(間違ってない)」と
「あの人が悪い」「この人が間違ってる」を繰り返して
毎日、不満やイライラを募らせていたとき、

 

「あのね、良い・悪いは無いのよ」

という言葉をもらい、
目からウロコをいっぱい落として目が覚め、

それは私の古い思い込みが原因だったこと
その思い込みを手放せたことで現実が変わったお話でした。

 

 

 

実は、目からウロコを落として
古い思い込みが原因だという「心の仕組み」を知って
今の自分にOKを出せるまで少し回り道しちゃいました。

 

「良い・悪いは無い」ということを知り、
おかげさまで心が穏やかな時はジャッジしなくなりました。

 

でも、何かの拍子に以前の癖が出てしまう。
(仕方ないですよね、人間だもん♡)

 

するとね、

 

以前は人を責めてたのが
今度は自分を責めるようになっちゃいまして(T_T)

 

 

 

 

ちゃんと出来ない自分を責める。

 

ちょっとでもダメだと自分を責める。

 

 

 

 

正論を知れば知るほど
それが常にできないと自分に苛立ち責めました。

 

 

だって「正しくない自分には価値がない」
そう思い込んでるから(笑)

「(正しくない)私は価値がない」という
自己認識(セルフイメージ)を持ってたから(^^ゞ

 

 

まあ、おかげさまで
NLPという心理学や
マインドフルネスという未来への不安や過去の後悔ではなく
客観的に「今ここ」で起きていることを見るという学びに出会えました。

 

 

もし、
自分を責めることでいいことがある、
そう思い込んでいるもう一人の自分がいるとしたら・・・

どんな良いことを得ようとしてるんでしょう?

何も悪気があって自分で自分を責めているわけじゃありません(^^)

 

 

私の場合は、
「正しくちゃんとしてると人からも愛される」という
良いことを得ようとしてました。

そして、正しくなくても愛されますし、
正しくても愛されない時もある。

これに気づいて、
正しくない、ちゃんとしてない自分にOKを出せました(^^)v

頭でわかるというより、しっくりする、肚でわかる感覚です。

 

 

氷山って見えてるところってほんの一部分で
海の上に出ている部分の何十倍もの大きさがありますね。

 

自分で知ってる自分って、氷山と同じ。
実は知らない、気付いていない部分がほとんどです。

 

 

その知らない自分を知って、
必要ない古い思い込みがあったら
バ―ションを更新していくことで、

 

ほんとうはこういうことがやりたかった、
人生の使命、目的・・・
そんなことに気づいていく方もいらっしゃいます。

「私は私!」と自分らしく幸せに毎日を生きている方が
大勢いらっしゃいます。