今の仕事を辞めたいとき・・・後悔せずに決めるために読んでほしいことがあります  

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

 

コーチになるよりずっと以前
目の前で見た光景。

 

市役所でアルバイトしていた頃のお話です。
(バイトまで含むとホントいろんな仕事を経験してます(笑))

 

 

 

あるとき若い地方公務員さんの女性が

「学校の先生」になりたいからと

仕事を辞めようとされました。

 

 

 

噂を聞きつけた先輩の公務員さんが

どどど!と走ってこられて

 

 

「何をバカなこと言ってるの!」

 

「このままいたら一生安泰なのよ!」

 

「これ以上いい条件の職場ってないのよ!」

 

「お願い!道を間違わないで!」

 

 

 

とまあ、すごい剣幕で止めに来られたんです(´▽`)

 

 


確かになあ~
最高の福利厚生だろうし、
お給料も高そう。
倒産とかもなさそうだし、

そりゃモッタイナイって思うんだろうな~

 

 

だけど大変だなあ~
夢をかなえたいんだろうに
こんなに反対されちゃってどうするんだろうな

なーんて見てました。

 

 

 

あ、私にもちらっと相談されたんでしたっけ。
わあ、素敵ですね!応援します頑張ってください!!
って言った気が(遠い記憶・・・)

 

 

 

 

先輩女子たちの「間違いを正さねば!!」の熱意

よーく覚えてます(*´ω`)

 

 

その後いろいろ考えられたのでしょう。

 

 

結局、この時彼女は学校の先生を諦めて
公務員さんを続けられました。

 

 

 

その後どうされているかはわかりませんが、
お幸せでいらっしゃることと思います。

 

 

 

 

このままこの仕事を続けていいのかな?

もっと自分のやりたいことを仕事にしたいな…

 

そんな迷いがあるときに

 

 

誰かに相談したくなりませんか?

 

 

 

相談するといろんなアドバイスをされることでしょう。

 

 

もしかしたら先ほどの公務員さんのように
ここを辞めたら「モッタイナイ」と反対されるかもしれませんし、

 

私のように「応援するよ!」と
背中を押してくれる方も現れるでしょう。

 

 

 

でも最終的に決めるのは自分自身。

どちらを選択されてもOK。

 

夢を追うのも正しいし

今いるところに留まることも正しい選択。

 

 

ただ・・・

 

相談されるときアドバイスを受け取るだけではなく、

自分で自分にこう質問してほしいんです。

 

 

それは・・・

 

「どうするべきか」

 ではなく、

「どうしたいのか」

 

 

 

「あの時、先輩に止められたから今でも公務員なの」

ではなく、

 

「私がやりたいことは
このまま公務員でいても出来るとわかったの」

 

「本当は、学校の先生になることではなく
誰かの役に立ててる実感が欲しかったんだとわかったの」

などのように、

 

周りの「正論」や「常識」にとらわれることなく

自分自身がどうしたいか、

なぜそれをやりたいのか

なぜ今の仕事を辞めたいのか・・・

 

 

・・・の、奥にある

 

「ほんとうはどうしたいのか」という

あなたの本音で決めてほしいなと思うんです。

 

 

出来れば「こうすべき」というアドバイスをくださる方ではなく
あなたの本音を引き出してくれるような

聞き上手な方にご相談されることで

自分で答えを見つけやすくなるでしょう。

 

 

自分で決めて自分で進んでいくことで
後悔のない毎日になりますね。

 

 

 

先日、尊敬するある方から聞いた言葉です。

 

たくさんの道がある中に

たったひとつ正しい道がある

と思っていたけれど

 

 

自分が決めた道が

正しい道なんだと気が付きました。

 

 

なんだか、聴いたとき
胸がきゅう~ん!!となりました。

 

 

どの道を選んでも間違いでも失敗でもありません。

選んだ道が正しい道です。

 

それを選ぶ時に、

誰かの常識や正論ではなく、

自分が本当はどうしたいのかを軸に選べたら

 

その選んだ道は「天職」でしょう。

 

普段から小さなことでも
「どうしたい?」って自分に問うことで

自分の「やりたいこと」「本音」に
気づきやすくなりますよ。

 


自分にしかできない天職を生きながら
世の中を明るく照らしていきましょう(^^)