「解決しない悩み」を解決する方法

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

 

 

先日、嬉しいことに2年前
モニターセッションを受けてくださった方が
2年ぶりにコーチングセッションをしました。

 

 

まだ、NLP(神経言語プログラミング)の
マスターコースを初めて受講していた頃・・・

「宿題」として実際にコーチングしてくる課題がありました。

そのモニターセッションを受けてくださった方です。

(その節はみなさん、本当にありがとうございました)

 

 

どんな話だったかはもちろん公開しませんが、

とてもナイーブなお話で、
きっと誰にも相談できなかったんだろうな・・・

一人で抱えてたんだなってお話でした。

 

私たちは安心安全にお話しいただけるように
守秘義務といって、
聴いたこと見たことを絶対口外しないという
お約束をしてます。

 

 

で、お話をじっくり聞いていくと・・・

それって○○ってことですよね?

✕✕じゃないですよね?

 

 

まあ例えば・・・

「この仕事が嫌いなんです!
もっと私がやりたい仕事に変わりたいんです!」

 

ってお話をよーくよーく聞くと

実は、

 

「あの先輩が怖いんです!」
「もっと萎縮せずに働きたいんです!」

 

というのが本音なような

 

そんなことが起こりました。

 

 

なんでそれくらい
自分でわかんなかったんだろう・・・?

 

クライアントさまがぽろっと漏らしたその言葉が

私の耳に残りました。

 

 

 

そーーーーなんですよ!

 

自分一人で気づかないことって

ぜーーーーったいあるんです!!

 

 

 

だから、誰かに聞いてもらうことで

悩みの本質が見えてきます。

問題と思ってる状態が解決に繋がるんです。

 

 

このとき、
聴く側が自分の考えなどを挟まずに聞いていることで
見えたこと、聞こえたことだけを鏡のようになります。

 

鏡のように
今あなたの身に起こっていることを映し出し、

それを客観的に見ることで

 

あれ?

 

 

問題の本質は別にある!!

私の本音はそれじゃなかったかも!!

 

なーんてことに気づけていきます。

 

 

 

「天職を見つけたい」ということの中にも

いろんな本音がかくれています。

 

新たなことにチャレンジしたい

自分を活かしたい

大好きなことをビジネスにしたい・・・

 

その奥に、

今の職場への不満や

もっと認められたいという欲求や

たった一人の先輩とのうまくいかない人間関係・・・

などが隠れている場合もあります。
(人それぞれ違います)

 

 

一人で「天職を見つけよう」としてうまくいかない、

「これだ!」と思うものを見つけても

途中でブレーキがかかって動けない・・・

 

 

そんなときは、
「天職をみつける」の奥にある本質をみつけて
先に解決することで
楽に前に進むことができます。

 

急がば回れです(^^)

 

 

久しぶりにお声を聞いたクライアント様

間が空いていてもお声を聞けば
当時のことをすぐに思い出して
まるでその続きのような感覚になれて嬉しい時間でした。

 

 

目の前にある悩み事や気がかりの奥の奥にある

本質に気づけて解決できることで

一気にすべてが変わります。

 

まるで

黒ばかりだったオセロゲームが
あるきっかけで真っ白になるように(^^)