自分責めをやめると起こること

2018-07-17

 

ベランダで梅を干してます

写真はまだ青い頃の梅たち
今はこんな感じ
いい感じにしわっしわです
  ↓↓↓

こんにちは小林 明美です




この梅はうちの庭の木に成った実です
毎年たくさん実をつけるけど
梅干しにしたのは去年から

 

だって完熟した梅はぼとぼと落ちちゃう

地面に落ちたのって汚い気がして
(傷もいっぱいだし)

 

取る前に落ちて傷がつくから
梅干しには無理って決めてかかってました

 

でも、
多少の傷は梅干しにできるということを知って

 

梅の落ちたいとき落ちるに任せ

そしたら私が拾う

 

そんな風に

今年は朝、昼、夕方と
何度も庭を見回ってちょっとずつ
拾い集めました

 

梅は一番いい時を知ってその時落ちてくれるから
それに任せればいいんですね

 



たくさんの実を拾って
きれいに拭きあげて大切に大切に

 

梅干し以外にも梅酒やシロップに

この、梅のタイミングに合わせて拾うというのが
思いの外楽しい作業でした(^ ^)

 

 

以前は紀州から南高梅を取り寄せて

それはそれは立派なぽってりした梅干しを作ってました

 

 

でも、庭の梅の実が一番熟したタイミングで
漬けた梅干しは

紀州のそれと遜色ない仕上がり

 

 

これはこれで十分美味しそうです

 

 

 

 

なんだか、ふと気づいたことが…

 

 

「自分ちの庭の梅より、よその梅の方がいいに決まってる」

「うちの梅なんてダメ!」

「良い梅を取り寄せなきゃ!」

 

これって、

私はダメダメ言ってた、かつての私だ!!

 

 

こんなんじゃダメって
何かと言うと自分を責めてた

 

 

自分に自信がなくて

ちょっとでも良いものでお洒落して

いっぱいちゃんとお化粧して

いっぱいお勉強して

いっぱいHOW TO身につけて

 

人にどう思われるかがとても気になってたっけ

 

立派な「紀州の梅」に見られたい、
こんな「ただの庭の梅」じゃだめ!

 

そのまんまの自分を責め立てて
もっと頑張れ
もっと成長しろ!

 

 

 

 

でもね、

「ただの庭の梅」は「ダメな梅」じゃなかった

「私」は「ダメな私」じゃなかった

 

 

冥想続け、NLPで自分の思い込みに気づきそれをクリアにし続けると
自然にふっと凝り固まったものが溶ける

そんな繰り返しで自分の中の答えを信頼でき
自分自身のことも信じれるように

 

 

「ただの私」を認めちゃって
頑張るをやめたら
毎日が楽しく幸せになり、

頑張ってた頃手に入らなかったものが
全て手に入ってしまいました

 

 

頑張るのやめたら

違う世界が待っていましたよ

たくさんの人に愛され
優しさと穏やかさに満ち満ちた世界

 

 

するとさらに、
「私は私でいい」と許可ができ
他の何かにならなくていい人生にシフトする

 

 

 

そんなことを思いながら
暑い暑い日差しの中梅を干す作業の

なんと幸せなこと

 

この後「ただの庭の梅」たちは3日間夜風に当たり、
ぽてぽてと最高に美味しい梅干しになります。

ただの梅の木が今では宝物
心底ありがたい(^ ^)