自分に合わない!!「天職」を求めて職場を辞める前にやってほしいこと

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

 

こんな会社辞めてやる!!
そんな気持ちになったことありませんか?

 

 

 

私は若い頃何度もそんな気持ちになり、

後先考える間もなく退職しては
職場を転々としました。

 

まあ、それも今となっては良い思い出なんですが(うーんホントか?)

同時にもう少し違うやり方もあったんじゃないかと思うのです。

 

 

それは、本当の自分を知ること。

心の底から自分が何がしたいのかを
ちゃんと知ってから辞めること。

ここだけは「ちゃんと」したほうがいいです。

頭で考えるというより、心の奥底。

 

 

勿論、これ以上ここに居たら身体的にも精神的にも耐えられない!
というレベルのときは別ですよ。逃げましょう。

 

 

これを見つけるのに役立つのが、
無料メールセミナーの中でお伝えしている
自分自身に対する「棚卸し」です。

 

 

「棚卸し」ってやったことありますか?

私は昔はアパレルメーカー勤務だったので、
多い時期は毎月やってました。

全ての在庫を一枚一枚数えて、
何をどれだけ持っているのかを把握する作業。


その時間、その日は業務を一切停止して行います。

たまに、デパートなどが
「本日は棚卸しにつき、早く閉店します」ってありますね。

 

 

最近ではパソコンが発達して、
バーコードを読み取るだけで
すべてが把握できるところが増えてると思いますが

 

私が若い頃は、全部手で数えて、記入して計算して・・・
思い出してもめんどくさーい作業(*_*)

 

 

でも、これをしないと、

今何をどれだけ持っていて、
何が不要で、何が必要なのかがわからないのです。

今後のためにも
現状を具体的に把握する。

 

これは、企業でも私達個人でも大切なことなんです。

 

 

 

こんな会社辞めてやる!

・・・そう思いながらも自分自身を客観的に棚卸ししてみると・・・

 

実はこの会社があなたにとって一番やりたいことを
実現できるところかもしれません。

ここにいながら、しっかり準備をして
次のステップに進んだ方がいいときもある。

 

そんな馬鹿な!と思われるかもしれませんね。

まあ、やってみないとこればかりは何とも言えません。

 

でも、現状も本当にどうなりたいかも
曖昧にしたまま先に進むということは、

地図も持たずに船を出すようなもの。

 

 

 

だからこそ、自分自身を客観的に見直すための
棚卸しをお勧めしています。

 

 

「仕事」というカテゴリーだけでなく、
人生全体を通して何がやりたいのか。

だって、あなたは仕事だけをするために生まれてきたんじゃないですよね?

 

 

今、何に満足できているのか、何が不満なのか。

出来るだけ事細かに出していきましょう。

 

 

これを読まれているあなたより
私はおそらく少しだけ人生を長く生きていると思います。

もっと早くこのことを知ってたら、
もう少しだけ早く今の位置にいたかもしれない
(あーあ、言っちゃったw)

 

そう思うくらい

自分自身が何を本当に今世生きてる間にやりたいのか
気にせずにいたときと違って、

今では、しっかり自分の軸を持って立っているということを
身体や心を通して感じられるんです。

より自分の本音・真意と仲良くなってて、
それを尊重できています。

 

 

貴方が人生において

何が必要で、何が要らなくて。

何をするのが最も充実できて、ワクワクできるのか。

 

 

それが解ってから、
じゃあそれを「仕事」を通して得られるのは
何をしている時なんだろう。

 

それを今のうちに自分で知れたら・・・

あなたはご自身の人生をどんなふうに生きていきますか?