自分の人生を自分でもっとよくしたいあなたへ     

やりたいこと(目標)を軽やかに楽に実現する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

 

※火曜・金曜はブログ更新の日です。

 

 

あけましておめでとうございます。
いつもご訪問くださってありがとうございます。

どんな年末年始をお過ごしですか?

 

 

私は両親のお墓参りを兼ねて、
一人暮らしの叔母の元での年越し。

子どもでもいたら、
逆に帰省してくるのを迎える側かもしれませんが

両親亡き後は、叔母を親代わりにして
しっかり甘えさせてもらってます(^^)

 

 

今回は車で移動。

宮島のサービスエリアに「貝汁定食」があるのですが、
これを朝食にいただくのが昔からの楽しみ(^^)

 

 

 

 

 

(Googleさんより画像お借りしました)
アサリが大きくて食べ応えあり!!大好き!!

 

その後、あそことここで休憩して、
西宮のサービスエリア過ぎたら、
あとどれくらいで着くか叔母に電話する・・・

なんとなく毎回の流れのようなものが出来上がってます。

 

 

でも、人の移動の多い時期は
予測不能の渋滞も付きものです。

 

台風の関係で普段使うインターチェンジが通行止めで
3つ先くらいまで走ったこともありました。

渋滞を避けるため、普段通らない中国道を通ったこともありました。

 

多少の予定が変わることなんてしょっちゅうなんです。

 

 

 

ふと思いました。

 

これって、
ビジョン(目標)を実現するときに似ているわ!!☆彡☆彡

 

 

行く先が決まると、
どの道を通って何時頃休憩をして・・・などの計画を立てますね。

おおよその到着時間も決めます。

 

でも、渋滞や通行止めなどで
そのとおり進めない時もあります。

 

 

 

ビジョン(目標)に向かうときも
ルート(具体的になにをするか)を決めますが、

それを止めるような障害や壁に出会うこともあり得ます。

 

 

 

そのとき、前しか見てなかったら・・・

大きな壁に阻まれて

前に進みたいけど進めない!

この壁さえなければ!!

 

くっそー!!
壁を叩くかもしれませんし、

ダメだ・・・この壁を越えられない・・・
越えられない自分を責めてしまうかもしれません。

 

そうやって一生懸命「壁」と戦います。

 

 

そうじゃなく、

ビジョンに向かうとき「ゴールする」と決めて
前だけじゃなく全体を見ましょう。

 

今ここで何が起きてるのかを客観的に見ながら、
自分が決めたやり方に固執せず柔軟性を持ちましょう。

すると何か壁に感じても違うルートややりかたを見つかって
軽々と壁の先に進むことができます。

 

 

「お正月を叔母の元で迎える」そう決めたら、
渋滞しようが通行止めがあろうが
違う道を通って、あるいは到着時間を変更してでも
必ず辿りつくように、

 

ビジョン(目標)を明確にして「そうなる」と決めることで
壁になることが起きても
全体を見渡して違う方法ややり方を見つけて
ゴールに必ず辿りつくことができます。

 

 

今年2017年、
どんなビジョンを描いていらっしゃいますか?

 

 

思いがけない事態が起こっても
焦る必要はありません。
ましてや諦める必要なんて、さらっさらありません(^^)v

あなただけのビジョンを実現していくためにも

どうぞ、ゴールすることを決めて
壁ではなく全体を見渡しながら進みましょう。

伸び伸びと笑顔で♡

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

今日もお元気で。

いつもお読みいただきありがとうございます。

関連記事