相手の悩みを解決する近道とは

2016-04-05

自分らしく幸せに生きる方のための
天職を発掘するコーチ

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

 

先日、メールでクライアント様からご相談があり
「アドバイスください!!」って求められました。

 

自分で客観的に見れなくなってメールくださってるのだろうな~
苦しそうな様子が伝わってきました。

 

「おお、それは大変だ」と
瞬間、アドバイスしたくなりました

でもね、彼女の中にしか答えはない。

 

そう思って
アドバイスが出来ないことをお断りして
思い浮かんだ質問と文面から見える起きている事実の整理だけさせていただきました。

 

 

その結果に対するご感想を頂けました。
(クライアント様の承諾を得て掲載します)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お返事ありがとうございます!
自分の中でグルグル回っていて気持ちが悪かったことが本当にスッキリしました!!
 
 
最初にメールを送った時は
「もうダメ!小林さん助けて!小林さんのアドバイスに従います!」っていう気持ちでした。
 
自分で考えつくことは全て行動に移したのに、
いい方向に変わっていない、苦しいって思っていたからです。
 
きっと、こうしたらどうですか?
と小林さんが提案してくれると思っていたんです。
 
それが、予想に反して
質問していただき、小林さんから見えたこと・感じたことをフィードバックしていただくと、
 
今まで見えなかった
方向に視線 が向いた感じです。
 
 
自分のことって分かってたつもりなんです。
まして、苦しんでることだからすっごく考えて、向き合ってたつもりだったんです。
 
 
それなのに、見てる部分が違ってたというか偏っていたというか、それすら全然気づいていないという・・・。
 
 
「答えは自分の中にある」←今回、これを体感しちゃいました。
ありがとうございました(^O^)
これからもよろしくお願いします。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
具体的なご相談内容はナイショですが(*^-^*)
 
自分で自分の悩みの原因や思い癖に気づいてくださいました。

 
 
 
 
「アドバイスください」って方に
アドバイスいたしません、ってどうよ?
って思いもしたんですが結果オーライのようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
数日前、「そのアドバイス必要ですか?」
というタイトルでブログを投稿しました。
 
 
 
 
 
目の前で困っている方がいて、
しかも自分にも経験があって自分なりの答えを持っているとき
 
 
 
私達は純粋に相手のためを思って
教えてあげたくなります。
 
 
 
 
 
話を聴いてると「こうしたらいいじゃん!」って
言いたくてたまらなくなっちゃう。
 
 
 
「言いたくて苦しくなる」
そんな声も聞こえてきます。
 
 
 
そう、「言いたくなる」
実はアドバイスしたくなっちゃう。
 
 
 
 
 
 
 
でも、やっぱりどうやら必要ないようです。
 
 
あなたのアドバイスをちょっと横において
 
深く聞くこと
相手の能力を信じること
起きていることを客観的に伝えること
 
これをやってみませんか(^^)
 
何か今までと違う結果が起きるかも。
 
 
 

 

◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇

周りに合わせて自分を抑えるんじゃなく
一度きりの人生、自分の思うように生きてみたい、

ほんとうにやりたいことを仕事にして輝きたい貴方へ

 

是非、「無料メールセミナー」にご登録ください。

◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ 

今日もお元気で。

いつもお読みいただきありがとうございます。