そして何も為さなくていい ビジョンマップを作る意味

2019-09-25

みなさんこんにちは

今日もよき日をお過ごしのことと思います 

 

さて
「ビジョンマップ」というツールがあります

自分のやりたいこと・願望・夢・目標を
それがイメージできる
グラビアや言葉、様々な絵や写真
1枚の大きな紙にコラージュ(貼り付け)し、
目につくところに貼っておくだけで望みが叶う

そんな嬉しいツールです

 


ここ2年経営者様向けの合宿で
ファシリテートしてきましたが

今年は「自分を生きる方」に向けて開催します
(残席1と聞いてます)

詳細は以下をご覧ください
https://peraichi.com/landing_pages/view/vijons

 


コーチという
目標達成をサポートすることを生業にしてますが

この「目標」ってものが私には合わなくて

 

正確には
来年〇〇をするぞー!とか

今年中に〇〇を達成するぞー!


・・・
この手の目標は持ちません

 

 

それより
日々刻々今ここで
達成し続けたい

何を達成?

 

自分の「幸福」です

日々刻々自分の至福に従っていたい

 

ものすごく何かに没頭するときもあれば

ぼーっと流れる雲を見てるときもある

 

 

そのときそのとき

一番嬉しい自分でいることに対して
とても貪欲です

 

その瞬間の積み重ねの先に未来があり

その積み重ねの先に具体的な変化がある

 

 

じゃあ、なぜビジョンマップなの?
目標達成ツールじゃないの?

夢の実現は?

 

 

その「夢」が叶う先に何があるのだろう?

その夢・目標は何につながっているのだろう?

 

多くの夢や願望は煩悩でもあって笑

あなたが今世為し得たいことの
表現の一部

 

そのあなたは何を大切にしたいのか

何を至福と感じているのか

価値は

魂の目的は何なんだろう

 

 

自分という乗り船を漕いでいく人生において
その羅針盤が指し示す方向は知っておいたほうがいい

 

この人生どこに向かおうとしてるのか
そのことは自分の無意識が知っている 

 

 

でも普段の忙しい毎日の中で
そこに想いを馳せることはない

なので短い時間ですが
リトリートという非日常の場を作ります

 

 

自分が今何をたいせつに思ってて
実は今世どう生きたいかを知って
来年のビジョンを描くことで

自分の内と外に一致感が出る

 

すると不思議なくらい
「目標に向かう」ではなく

「目標がこっちに来る」

 

そう「引き寄せる」

 

 

ビジョンを描くために
自分を知る

ビジョンマップはその結果出来上がるもの

実はその過程がとても大切と思ってます

 

 

目標や願望がはっきりある方は
努力や意志力を必要とせず
自然と達成できることをお楽しみくださいね

 

 

 

だけど、
自分が何をしたいかわからない

何を大切にしたいかもわかってない

 


そんな私が参加していいの?って
思われる方もいるかもしれない 

 

私自身もそんな経験がある

でも大丈夫

無意識は既に
あなたが何を大切にしたいか知っている 

 

みんなどんなビジョンマップを作るんだろうね
今から楽しみ


私も自分が大切にしたいことが
更新されるんだろうな

より鮮明になるというか
より研ぎ澄まされるというか

 

具体的な来年「何したい」がないから
毎回思いがけないものが出来上がる 

 

その貼ってる写真一枚一枚には
わたしだけにわかる意味がある 

 

今目の前に貼ってる今年のマップ
一つ一つの写真が愛おしい

見てるだけでじんわり嬉しい 

 


参加された方々が
思い通り至福に従って
望む毎日を過ごされるだろうことが

今から私を幸せにしてくれる



ありがたいよー!!

みなさんほんとありがとうねー!!

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ 
◎瞑想会日程
http://y-nlp-partner.com/eventlist/

ビジョンマップリトリート
https://peraichi.com/landing_pages/view/vijon

◎パーソナルセッション
http://y-nlp-partner.com/personal/
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆