怖がっていい。よわっちくていい。

2016-04-19

自分らしく幸せに生きる方のための
天職を発掘するコーチ

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

 

昔、ある方から言われました

「よわっちい娘ね(笑)」

 

私が「強い人」のつもりでいたころのお話しです。
すでに充分年を重ねてて「娘」という年齢でもなかったんだけど。

 

 

 

お隣の県というより、同じ九州の中で起こった大きな災難。

規模は小さくても同じように揺れる中にいて
正直、小さな揺れでもドキドキします。

大きな揺れが来るんじゃないかって怖くなる。

 

 

 

怖がっても仕方ないとわかっていても

気持ちがずーんと下がってしまう。

 

 

 

そのたびもう一人の私が言います。

 

 

 

だめだめ!!
被災者じゃない私達こそが明るくいつも通りの生活をしなきゃ!!

 

 

 

そうですね。

たしかにそうです。

 

 

 

 

 

11年前の西方沖地震のときも

 

むっちゃ怖かった。

怖がっていることはカッコ悪いこと、
もっと大変な人たちがいるのに
この程度でビビる私はダメ

そんな風に思ってました。

 

だから「これくらいのことで怖がってちゃだめよ」
と、沈みそうになる心を奮い立たせて

余震が来ても「平気平気(^^)」って

 

がんばってました。

 

 

怖がる自分、不安だと思っている自分に

 

ぜーんぶ蓋をしてたら

 

 

ぽき。

 

 

 

ある瞬間心が折れちゃいました。
(一時、頭が真っ白になって何も出来なくなりました)

 

 

 

マインドフルネスNLPを学んだ今は、

自分が怖がっていることを自覚しています。


直接被害にあったわけでも、震度7とかを体験していなくても
自分の家が壊れてなくても怖いです。不安です。

 

 

「怖い」や「不安」「悲しい」と思うことに

これくらい以上は怖がって良くて
ここから下は怖がっちゃいけないなんて基準はないでしょ?

以前の私は勝手に基準をつくっちゃってました。

 

 

感じる気持ちはとても個人的なことで
どんな感情も持っていいし感じていい。

 

 

これは地震や災害のときだけに限った話じゃなく

 

私達は、どんな感情を持ってもいいのよね。

 

その感情を持っている自分を抱いて
泣いている赤ちゃんをよしよしするかのように。

 

「怖いよねー」「辛いよねー」
「辛い人見てるだけで私も辛いんだよねー」
もう一人の自分でよしよしする。

 

泣いてる赤ちゃんに「泣くなー!!」
とは言わないでしょう?(^^)

そんな感じで今のありのままの自分を認める

 

 

 

「よわっちい娘ね(笑)」
強がって、自分が怖がっていることに気づかず
平気なふりして頑張っていたとき

ある人から言われた言葉です。

 

 

ぎぇ!

ダダ漏れしてた^^;

 

 

「でもね、よわっちくていいのよ」
その言葉に救われました。

 

 

私は怖がりでビビりです。
(たぶん人一倍のビビり(^^ゞ)
そんな自分でいい、怖がりでいいです。

 

それを認めたうえで、その感情にとどまらない。


どうやらきっと大丈夫。
私達は前向いて普段通りの生活をすることが支援になる。


幸せを感じながら感謝しながら
普段通りの一日を生きようと思います。

 

 

感情に蓋をするのではなくその感情をゆるして認める。

在ることを認めることで捉え方が変わります。

 

 

自分の弱さを認めることができるようになったころ
少し強くなれたような気がします。

 

 

 

◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇

周りに合わせて自分を抑えるんじゃなく
一度きりの人生、自分の思うように生きてみたい、

ほんとうにやりたいことを仕事にして輝きたい貴方へ

 

是非、「無料メールセミナー」にご登録ください。

◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ 

今日もお元気で。

いつもお読みいただきありがとうございます。


※自分のありのままを客観視でき感情をコントロールすることができます。
残席2名 4月23日 13:00-
詳しくは以下をクリックください。

マインドフルネス実践会 「今ここに意識を集中して自分の人生を自分のものにする」

 

INFORMATION

人間関係の短期解決に特化した技法を2日間で学ぶことができます。
6月11,12日開催(残席わずか)
ソーシャルパノラマ in 福岡