あなたらしく「好きなこと」「やってて楽しい」を仕事にするとうまくいく

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

物事が思うように進む…所謂「成功」する人と
そうではない人の違いって何でしょう?

 

 

先日、ふと楽しそうってお引き受けした「接客販売」のことは
ブログに書きました。

 

 

普段一人で仕事をしている私にとって
いろんな方と関われるブログネタの宝庫 (^^)v

 

楽しい時間でした。

 

 

そんな中、

周りの販売員さんを見ていて気が付いたことがります。

 

 

 

お店ごとの売れる・売れないには

商品構成だったり、お客様の層にあってるか、
見せ方、立地、場所などいろいろな要素が関わり合っています。

一概には言えません。

 

 

でも、見ていて

「はあ、だから売り上げに差ができるんだ」って思う出来事がありました。

 

 

 

売れ行き好調の販売員さんは、
自分のテリトリーを常に動いて

商品の位置を替えたり何かしら良く動いていらっしゃいます。

くるくるととにかく何かしています。

 

 

それもポーズじゃない。

明らかに常に売れる工夫をしています。

 

 

お客様の多い少ないの不満など口にすることなく

(そんな暇もなく)

とにかくよく働く(^^)

 

 

 

その日、本当にお客様が少なくて閑散としていました。

 

 

 

すると、

 

 

隣の売れてないお店の方が

「○○ビルで大きなイベントがあってるらしいよ」

「だからこんなに暇なのよ」

 

・・・売れない理由を発見!!!

 

「だからお客さん来ないのよ・・・」

「今日はもうだめだわ」と肩を落とし・・・

 

 

諦めてしまったかのように

じっと佇んでいらっしゃいました。

 

 

 

 

その横で

商品の位置を替えたり

ディスプレイを工夫したり

出来ることをせっせとやってる方の所は

 

 

どんなに人が少なくても売れていく。

 

 

 

その対比は見事なものでした。

 

 

 

わかりやすすぎる!!ヾ(≧▽≦)ノ

 

 

 

ここにうまくいく人とそうではない人の違いが出てるなあ

と勉強させていただきました(^^)

 

 

 

たまに普段やらないことやると面白い発見ができる♡
よかったよかった(^^)

 

 

 

うまくいかない人は「うまくいかない」前提を作る。

 

うまくいく人は「うまくいかない」という概念がない。

 

 

「どうせうまくいかない」と思っていると

それを証明するかのように現実もそうなります。

 

「やっぱり!だからうまくいかないんだわ」
とうまくいかない言い訳を探します。

 

 

昔、現役のだったころ
「天候不順、景気の良しあし、一切の理由は言い訳に過ぎない」って上司に一喝され

そんな理不尽な!!(-_-;)
って憤慨してましたが
それも一理あるなあ、と今では思います。

 

むろん、売り上げの良しあしの原因は
販売員の方だけによるものではありません。

上に書いたように総合的な結果です。

 

 

心から好きなことやってるときって

うまくいくとかいかないとか考えずに

嬉々としてやりがいだけを感じてませんか?

 

 

くるくると良く動く彼女は、

誰かに言われてやってるのでもなく、

もちろんどう見せるとより目に留まるのかを知ってて
工夫を重ねているのでしょうが、

そうやって工夫することが楽しく、
その工夫が活きてお買い上げに繋がることが

何より楽しそうでした。

 

その結果、どこよりもよい売り上げにつながっていました。

 

 

 

好きなんやなあ~この仕事が(^^)

 

 

 

そんな仕事をしていると自然とうまくいくんですね。

 

 

 

今あなたは嬉々としてあなたの仕事をやっていますか?

 

気が付かないうちにどこかで
「どうせうまくいかない」って前提を持ってしまっていませんか?

 

本当にやりたいことをやりがいを持って出来ていますか?