自分の人生を自分でもっとよくしたいあなたへ     

ありのままの自分を好きになるために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「明美さん、販売得意でしょ!?」

初めましての方に、そう言われました。

 

 

 

こんにちわ。

 

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

 

 

 

あなたの強みって何ですか?
自分でご存知ですか?

 

 

 

強味とは、

「その人らしさ」のこと。
その人らしさを、「素晴らしいところ」として捉えること。

 

とはいえ、その人らしさって、
当たり前すぎて、自分ではよくわかっていないことが多いです。

 

 

 

 

先日、初めてお会いする方と意気投合して2時間以上おしゃべりしていた時のこと

何かの拍子に自分の前職のことを語ったんです。

 

 

私はもともとアパレル等の販売の仕事をしていた時期があります。

「販売マシーン」とまで言われたこともありましたが、
それがとても嫌でした。

 

売りつけている人みたいに思われてないか・・・って、
人の目を気にしていたんですね(^^)

 

販売の仕事はとても素敵で意義のあるものです。
当時の私のコンプレックスから、
「売りつけている」的な発想でした。

今では販売が大好きですし、得意なことで誇りに思います。

 

 

その私が「販売職」のことを楽し気に目を輝かせて話したみたいで・・・

 

 

 

 

お買い物のお手伝いをするときは、
自分のことをいったん忘れて、その方のことしか見えなくなり、
この方は何を望んでいるんだろう?って身体中がセンサーのようになってました(笑)

そういう自分のことは嫌いじゃないし、

そんな風にお勧めする商品は、お客様にとても喜ばれていたのも思い出しました。

 

 

おしゃべりしている私の目の輝きは

そんな当時のことを思い出していたからかもしれません。

 

 

 

 

 

 

初対面の方とでも仲良くなれる

いいと思ったものをいいと言える

など、販売するに必要な「強味」を持っていることに意識が向くと

 

 

 

 

自分のこと、ちょっとだけまた好きになれました(^^)

 

 

 

 

 

 

自慢話?って思われてしまいましたか?^^;

 

 

 

 

 

いえいえいえいえ、とんでもない!!(*ノωノ)

 

 

 

 

 

 

 

ご存知のとおり強味も弱みも表裏一体です。

 

私の、「いいと思ったものをいいと言える」は、
時と場合によって「自己主張が強すぎる」になることもあります。

 

「初対面の人とも仲良くなれる」も、「図々しさ」につながる場合もある。

 

 

決して喜べない状況を生み出す場合もありまして、
そのたび、布団かぶって「私の大馬鹿野郎!」って
自分で自分を責めたくなる夜もありました(*ノωノ)

 

 

 

 

 

全ては表裏一体。

特性にいいも悪いもありません。

 

 

 

 

だからこそ、捉え方でものごとが変わるなら
明るく捉えたほうが、きっと幸せに繋がります(^^)

 

特性を自分の強みと捉えて
良い方向に伸ばしていく。

 

 

 

 

 

強味がわかると、
自分のありのままを受け止めやすくなります。

ありのままの自分を好きになる。

 

 

 

 

 

自分のいいところを認めることができると

自分への信頼が高まり、
その自分で接することで、他の人へも優しくできるでしょう。

 

 

 

 

 

あなたの得意なことは何ですか?

そのことのどういうところが得意ですか?

 

 

あなたの強みって何でしょう?
よかったら、意識してみませんか?(^^)

 

 

今日もお元気で。

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

関連記事