自分の人生を自分でもっとよくしたいあなたへ     

「やりたいことが何なのか、考えてもわかりません」という貴方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

※火曜・金曜はブログの更新日です。

 

 

私が好きなことって何なのか、
何してるときが楽しいのか、

わかりません。

 

なにがやりたいのかわからないんです。

 

 

考えだすと

頭がぐるぐるしてよくわからなくなります。

 

私は何が好きなんでしょうか??

 

 

 

そんな相談をいただきました。

 

 

天職=自分がやりがいを持って出来ることを探すとき、

好きなこと、楽しめることは何かを知ることは

とても大切です。

 

 

そのために、ご相談くださった方は

日夜、好きなことは何なのか、やりたいことは何なのか

考え続けられたそうです。

 

 

 

このご相談に対する答えはひとつ。

 

 

考えてわからないんですよね?・・・

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

 

じゃあ、

考えるのを止めましょう!

 

 

以上です。

 

 

(*^-^*)

 

ごめんなさい。

ちょっと乱暴だったでしょうか(´▽`)

 

 

 

頭で考える・・・「思考」することはとても大事です。

でもね、

自分の深いところに持っている「思い」・・・
自分でも気づいていない自分の答えを出そうとしても

「頭で考える・思考」ではたどり着けないんです。

 

 

 

 

私は元々「思考型」だったので、

「感じる」「思う」というのがとても苦手でした。

 

常に何かを考えている、あたまを動かし続けていたように思います。

そんな自覚を持てたことも
考えるという行動を止めてみるようになってから。

 

 

イメージしてみてください。

コップに泥を水をいれてかき回すと
水は濁って向こうも見えません。

 

でも、そっと静かにしていると
泥が底に溜まって水は澄んできます。

 

 

この、頭を一生懸命動かして考えている状態は
泥をかき回してる状態に似ています。

このかき回すことを止めると
水の底に泥が溜まりきらっと光る宝石の粒を見つけるように、

「思考」の奥にあった「思い」という宝石に繋がります。

 

 

 

「瞑想」も効果的。

 

何も考えずぼーっとするも良し。

 

胸に手を当ててみるも良し。

 

 

「好き」とか「楽しい」って感覚です。

自分が何を感じているのかを「感じる」ことで

自分の「好き」、「楽しい」を感じる瞬間に気づき、

しっくりくる答えがきっと見つかります。

 

 

自分の中の「感じる」という能力を高めることで

あなただけの本当にやりたいことが

きっと見つかります。

 

どんな自分で生きたいのか、
生まれてきた目的や使命さえも「感じる」の先に答えがあります。

 

今日もお元気で。

いつもお読みいただきありがとうございます。

関連記事