がんばることはいいことだ!

2016-05-31

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

 

 

「無理しんとき」(無理するな)

 

 

「無理しんかてええ」(無理しなくていい)

 

 

 

晩年何かしようとするたび父に言われた言葉です。

 

 

そのたび、「なんも無理してへんやん」(無理しとらんわい)って
「んもう、父ったらなんでも流れに任せっぱなし~!」

少し反発する気持ちを持ちながら聞いていました。

 

 

 

あなたにとって無理なくできること、
無理なく続いていることって何ですか?

無理なく出来ていることって
当たり前すぎて「出来ている」という感覚もないかもしれませんね。

そこにはあなただけの強みがあります。

 

 

そして、ほんの少し努力が必要なことだけど
続けていられることって何ですか?

 

自然と「努力」が出来ることって
これもまたその人の強味じゃないかって思います。

 

 

例えば、私の場合

今でこそ、

クライアント様から『聴くプロ』なんてニックネームを頂戴していますが、
(数分のヒアリングだけで、確実に思考が整理され、気づきを生みだし、
行動と結果につながると定評いただいてます。ありがとうございます。)

もともとはマシンガンスピーカー。
ほっといたら、ずーっとしゃべり続けます(笑)

祖母からは「口から先に生まれてきた」と言われてたっけ(^^ゞ

 

 

でも、「もっと相手の話を聴けるようになりたい」
「もっとコミュニケーションの質を上げたい」って思い、

コミュニケーションや心理学など
学び続けることが出来ている・・・

 

これもまた
ほんのちょっとの努力を「無理なくできていること」なんです。
(今までで一番続いていることかも。)

 

 

 

 

あなたがもし、何か「やりたいなあ」と漠然と思うことがあって

それが今はまだ出来ないことだったとしても、

「やりたい」は止める必要ない。

 

 

やってみて、
そのための「ほんのちょっとの努力」が自然とできるなら
それはあなたの使命・目的にきっと沿っている。

 

 

「頑張る」が良くないことのように言われる昨今ですが、

楽しく自分の「ありたい状態」に向かってがんばることは
決して悪いことではないはずです。

 

 

私があのとき、

「がんばらなくていいよー、別に聞けない人でいいじゃん」って
そのまんまを認めて動かなかったら

間違いなく今の私はいないわけで(笑)

 

自分の在りたい姿を見ないようにして
ごまかし続ける毎日を過ごしているのかもしれません。

 

いやだーこわいー!!(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

今よりちょっとだけ前に進みたいとき

 

がんばる。

楽しくほんの少しの努力を重ねる(^^)

 

 

 

そして、
そのやりたいことがどこから発信されているかだけは見極めて。

 

 

人から言われて、世間の常識、ねばならない、~すべき・・・ではなく、

 

 

あなたの内側から聞こえる

「くううーー!これやりたいっす!!」

 

・・・あなたを叩くもう一人のあなたの声に敏感になりましょう。

 

 

 

晩年の父には、私が気が付かないところで
「○○すべき」「~~ねばならない」で動いているのが
見えていたのでしょうか。

ありがたい言葉だったなあと今では思います。

 

 

 

最近、またまた
私の内側でどんどん!ってもう一人の私が叩いてます。
「やりたいのー!!」って叫ぶ声が聞こえててワクワクしています。

小さながんばるを重ねる時がきているようです(笑)
(「なりたい」を実現するのに年齢は関係ないっす(^^)/)

 

 

 

 

あなたの内側のもう一人のあなたは何て言ってますか?
「くうーーー!!これやりたいっす!」は何でしょう。

 

 

INFORMATION

人間関係の短期解決に特化した技法を2日間で学ぶことができます。
6月11,12日開催(残席わずか)
ソーシャルパノラマ in 福岡