自分の人生を自分でもっとよくしたいあなたへ     

謙虚と卑屈の違いについての考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小林 明美です。

 

 

【謙虚と卑屈について調べてみた】
 
 
以前、自分の傲慢さと卑屈さに
心から辟易してたことがあって…
 
 
どうやったらそこから抜けられるか
もがいてわーわーやってたのをふと思い出し、
 
謙虚と卑屈について調べてみました。
 
 
 
 
 
 
《謙虚》
すでに十分満たされていることを知っていて、
そのことに心からの感謝ができている様
 
 
 
 
 
 
《卑屈》
十分に持ってない、足りないと
自分を必要以上に見下し卑しめる様
 
 
 
 
因みに卑屈の「卑」は「いやしい」と読み
 
いやしいとは、
がつがつする欲望をあらわにして、
さもしいことだとか。
 
 
 
 
 
 
がつがつ!
 
欲望をあらわに!
 
 
 
 
オーマイガ!
 
 
 
 
 
 
 
必要以上に小さくなってるだけじゃなく、
 
 
 
 
すでに持ってるのに
 
まだ欲しい欲しいってがっついて、
 
 
 
「だって私ってまだ持ってないし〜」って
 
いじけてるのが卑屈の正体だった(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いやだわ!
 
 
 
 
自分の中の「無い」にフォーカスするんじゃなく
 
「在る」に気づくだけで
 
 
卑屈から謙虚に180度変わるのでした( ´∀`)
 
 
 
 
 
 
自分一人じゃわかんないんだよねー
誰かに言われて初めて気がつける
 
自戒を込めて^ ^
 
 
 

ヒアリングセッション
無料体験セッションはこちらから

関連記事