身体とこころの関係って

こんにちわ。
一段上の人生にシフトさせるコーチ
小林明美です。

 

もう、今は夕方なんですが、
今朝はいつになく目覚めがすっきりでした(*^^*)

昨日体験したあれがよかったのかしら~なんて。

 

 

身体とこころの関係について
お伝えしたくなりブログにしています。

 

「現実はステート次第」
現実に起こることは、その人の心身の在り方が関わっている

そんな感じでしょうか。
よく聞くことだと思います。

 

 

先日、プロのカメラマンさんに
写真を撮っていただき機会がありました。

11737111_840252146065711_1797985114_n

カメラの前で緊張せず、笑顔でいるって
案外というかやっぱり、とても難しかったです。

笑ってるつもりだけど、
こころから笑ってるように映らない。

素人相手にカメラマンさん立ち会ってくれた方は
根気よく付き合ってくださいました。

 

そのとき、
「明美さん、手を前で結んで」って
リクエストいただきポーズをとると…

 

あれ?なんだかしょぼんとした気分になる…

表情にも表れたようで、

 

「今度は、後ろで手を組んで」って言われて
言われるままやってみました。

 

 

やってみて、

 

ああ、そういうことか。
あることが肚に落ちた瞬間でした。

 

 

 

 

何かのせいで心が沈んでしまい、
ネガティブに見える思考にとらわれてしまうとき

人が生きていくうちに必ずあること。

あまり楽しいことではないですよね。

 

 

以前、私はネガティブに見える思考、
自分の心の闇を敵にして、

「がんばって」心を立て直さなきゃ!って

がんばり、
がんばってがんばって、

かえって苦しくて更につらいということがありました。


周りからも、
いい加減元気出せ、とか
いつまでぐずぐず言ってるの!

と、励ましのようなお叱りのような(笑)
アドバイスをもらったり。

自分をもてあますことがありました。

 

 

マインドフルネスNLPに出会い、
様々な学びを重ねる中で、
ものごとに意味をつけているのは私たちで、
いい悪いはないことを思い出しました。

 

闇に見えるネガティブに感じる自分も、
私の一部と認めて、
ものごとをあるがまま見る練習をしました。

その中で、
身体の使い方や、短い瞑想などで

ものごとの感じ方や、
脳の状態が大きく変わるということを知り、

日常に取り入れるようになりました。

 

ヨガや、瞑想家の方ほどには詳しくありませんが、
簡単に日常に取り入れられることを知り、
日々短時間で実践しています。

 

今、何が起こって、何を感じているのか、 
少し自分と切り離してみる練習をする中で、

前向きな気分になれる姿勢と、
そうじゃない姿勢があることも知り、

ネガティブにみえる思考でいっぱいになったときは、

姿勢を変えたり、
呼吸を意識していくことで、
感じ方が変わることを体験して、

 

それを少しずつ、セミナーなどでお伝えするようになりました。

 

 

 

 

写真を撮ってもらっていた時の、
手を前で結んだとき、

手が前に来ると
ほんの少しですが胸がふさがります。
視線がほんのちょっと下を向きました。

 

手を後ろで組むと、
自然と胸が開きます。
その分、視線も下に行かない。

 

すると、
自然とさっきより明るい顔になるのがわかります。

心なしか気分も一段と明るくなるのを感じた瞬間でした。

 

 

 

 

よかったら、
ちょっとやってみてください

 

 

あまりに些細なことでがっかりさせたかもしれませんね(笑)

 

でも、たったこれだけのことで、
人の感情の在り方って変わるんだということを
深く実感した瞬間でした。

 


普段の姿勢をちょっと変えてみる。

 

ものごとの捉え方が変わり、
前向きな思考をしやすいかも知れません。

 

昔から、「胸を張って堂々と」と言いますよね。
先人たちは教えてくれていました。

 

 

 

 

昨日は、からだのすべての能力を本来の状態に戻してくださる
健康工房さんにいきました。

 

ほんの数秒の施術で

大きくゆがんでいた私の体が整い、
(手も足も3センチくらい左右の長さがずれてました!)

身体中の可動域が広がって、
ちょーご機嫌でしたが、

 

今朝、起きてみて
思考のクリアさ、目覚めの良さを感じました。

 

ああ、こうやって心を立て直そうと
がんばるんじゃないやりかたがある・・・

こころとからだは密接につながっていることを
いつも以上に体感した今朝でした。