冥想に耽った2日間

2018-07-09

こんにちは 小林 明美です

 

6月末の金曜日に福岡の警固神社でグループ瞑想会を開催し、

 

 

その次の日からの2日間
指宿で瞑想のリトリート(合宿)に参加してきました。


はい、3日間瞑想三昧(^ ^)

どちらも講師は日本屈指のNLPトレーナーでもある
瞑想教師の龍全さん。

瞑想とNLPの贅沢な時間です

 

普段、朝夕40分の瞑想を続けているのですが、
瞑想教師の指導のもと、グループで座るのは
また全く別のもの、というのが感想です

 

 

ELMという瞑想を続けているんですが、

続けていると
日々、自分自身をもう一人の私に明け渡している


そんな感じ

 

わかりにくいですよね 笑

 

 

「計画」とか「〇〇すべき」などから離れて
その時々の自分に正直でいる、
直感、ひらめきに委ねる方が

物事がうまく進むというか、

望んだ方向に勝手に船が進んでいく

そんな感覚なんですよ

 

 

起こることは全て自分の望んでる方向に向かってる
(仮に一見そうじゃなく見えても)

だから自分自身をすごく信頼できる

 

随分、自己肯定感が高まりました

 

 

そんな冥想を深めながら志を立てるのが
今回のテーマ

 

リトリートの舞台は南国指宿の休暇村

とっても良いところでした

 

集合してレクチャー受け冥想して、
夜も朝も冥想して、
集合してレクチャー受けて解散

ずーっと冥想(^ ^)

 

こんなにたくさんいっぺんに冥想したの初めてで
いい感じにぼーっとした感じでした

 

 

砂むし温泉には入れなかったけど

お宿はゆったりと静かに冥想できる環境で

 

そしてそして

お風呂の洗い場が畳敷きで!!
目の前が海で!!
お魚美味しくて❤︎

朝ごはんのバイキングの「朧豆腐」が
まあ、たべたことないくらいの絶品!!
とろっとろ(^ ^)


あまりに美味しく写真撮るのとか
すっかり忘れてしまい

 

 

植物はでかく育ってて

見る景色がなんだか違う

同じ九州でも福岡とは日差しも違う

 

 

 

いわゆる「観光」はしてないけど
このお宿で味わったものがすでに観光

 

リトリートそのものも
お宿や環境も
十二分に堪能した土日でした

志もぴ!っと立て、
ますますどこにいても誰といても
私は私であり続けます

 

こういう形で訪れた先での気づきは
いつも深く深く魂に刻まれ
私を常に後押ししてくれます

ありがたい
心から全てに感謝

 

この瞑想リトリート、

次回、福岡の宗像大社奈良、と続きます。
ただのグループ瞑想ではなく
居場所を変え、日をまたいでのリトリート形式

瞑想を深めている方も
初めての方も
どなたでもぜひ