あなたにしかできない「天職」を確実に見つける最初のステップ

2016-08-30

小林 明美(こばやし あけみ)です。

 

 

 

ある方からこんな相談をいただきました。

 

今の職場が楽しくない。

上司とは相性が悪くて言いたいことも言いにくい。
会社全体にも覇気がなくて、仕事もやる気が起こらない。

我慢しながら毎日を過ごしてるけど
そろそろ限界を感じる。

 

もっと何か私にしかできないことを見つけて
心からやりがいを感じたいけど

何がやりたいことなのかわからない。

自分の「天職」なんてどうやって見つけるの?

 

 

そんなご相談でした。

 

 

 

あー、なんか若い頃を思い出します(^^)

私もそんな気持ちになりました。

 

 

 

そもそも、「天職」って何だと思いますか?

 

私の言葉でいうなら「天職」とは、

そのことが大好きでやりがいを感じながら

自分も周りも喜びながらできることです。

 

 

それは、得意・不得意ではなく

周りから止められてもやっちゃうようなこと。

お金を頂けなくてもやりたいようなこと。

 

 

 

先日のブログでも書いたように、

私は「接客販売」が大の得意です。

きっと『適職』だと思います。

 

 

嫌いじゃありません。

それなりに楽しめます。

 

 

でも、それよりも増して私が心から喜べること、それは

目の前の方の悩みがすっかり晴れて

お顔がぱーっと明るくなる瞬間、

それに関われることなんです。

 

 

胸の内側がきゅいーんとなって(笑)

私の顔も明るくなります。

 

コーチングやセラピーをやっていると
この瞬間に関わることができるからやってます。

 

 

「職種」じゃなくて、
自分が喜べて心が満たされることをしてるんです。

 

 

この瞬間が大好きで、お友達との会話の中でも
必要とあらばピンポイントでコーチングしちゃう。

 

 

私にとって「コーチング・カウンセリング」は

お金を頂くこと以上の価値がある、

大好きなことをやれている、自分らしさの表現なんです。

(あ、でもお金欲しいです。くださいねお金(笑))

 

 

 

 

こんな話を聴いて、

 

「ああ、私もあれが大好き!!」と

すぐに答えられる方もいらしゃるでしょう。

 

 

 

でも・・・

自分が何を好きかなんて、そこまで深くわかんない。

 

 

あなたはもしかしたら

そう思われたかもしれません。

 

 

 

実は「天職」を見つけるのは

深く自分を知るということから始まります。

 

 

じゃあどうやって??

 

 

 

少し静かな時間をつくって

 

仕事・プライベート・学生時代も含めて

今まででやっていて楽しかったこと、

熱中したこと、

苦痛なく頑張れたこと

 

を、できるだけたくさん思い出してみてください。

(書き出してみられるといいかもしれません)

 

 

 

そこにはあなたにしかない

あなただからやりがいを感じることができる共通のことがあります。

 

 

私達が何かを行動するとき

それが仕事でも他のことでも

「~したい!」という願望が最も大きな原動力になります。

 

 

 

 

この「~したい!」ことをやれているとき

嬉々として熱中し、

何の苦痛も無くがんばれませんか?

 

 

あなたが本当にしたいことは何でしょう?

 

どうぞ「仕事」という枠を外して、何を喜びと感じているのかを

自分自身に訊いてみて下さい。

 

『天職』に近づくための最初のステップ(^^)v